鮮魚仲卸様向け会員制インターネット販売管理システムは魚市場 茂平

会社概要

鮮魚販売管理システム
さかな市場「茂平」運営会社

会社名 株式会社Sakanaichiba.jp
設立 2015年3月3日
所在地 福井県あわら市舟津3丁目22番地
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役社長 松田 晃一
電話 0776-77-2021
FAX 0776-77-2055
メール コンタクトフォームよりお問い合わせください
事業内容
  1. コンピュータソフトウエアの開発、卸売及び販売
  2. コンピュータソフトウエアのライセンス使用許諾業務
  3. インターネットを利用した情報システムの企画、設計、開発、運用、管理ならびに保守
  4. 商品流通システムの企画、運営、管理業務
  5. 商品流通に関するシステムコンサルタント業務及びシステム導入支援
  6. 情報電子機器の販売及びレンタル
  7. 食品販売業
  8. 前各号に附帯する一切の事業

代表者 松田晃一よりご挨拶

私は、鮮魚卸業に35年間たずさわってまいりました。バブルの頃には、活気あふれる業界に圧倒させられたものでした。そんな業界(鮮魚)もバブル崩壊後 だんだんと元気を失い衰退して行くのを寂しく感じておりました。

1999年に卸売市場法の改正により、相対売りが容認されたのを期に入荷情報や在庫情報を開市前日にインターネットにて発信し、リアルタイムに注文(仕入れ)が出来るシステム《魚介類電子取引の相場順応システム》を開発し自社サーバーにて運用してまいりました。同時にビジネスモデルの特許出願を行い2010年に特許を取得。此れを期に全国の卸売市場に広める事で、業界に活気を取り戻す手助けが出来ないかと考え、卸売市場専門のITシステム開発・運用サービスを行う会社を設立いたしました。

ITの技術者からではなく長年業界(鮮魚)に携わった人間だから分かる細かな業務を、システムに反映して行く事が私の強みだと思っております。

卸売市場関係の皆様、卸売市場の中から業界を元気にしていきましょう、

私も一生懸命協力させて頂きます。

業務紹介

当社の業務は、生鮮食料品卸売市場の 荷受と仲卸と飲食店等をシステムで繋ぎリアルタイムにWeb上で購入する事が可能と成る《インターネット魚介類受発注システム》で 企業間取引の受発注管理を効率的に行い、さらに電話・FAX・メールでしか出来なかった情報発信を、インターネットを活用し顧客ごとに提供出来るシステムを開発・運用サービスを全国の卸売市場に導入していく業務です。

Sakanaichiba.jpのあゆみ

1999年 卸売市場法の改正・・・「相対売り容認」
2001年 社長自らの構想をシステム化、11月より自社サーバー設置運用
2010年 《魚介類電子取引の相場順応システム》
ビジネスモデルの特許取得・・水産業界初のITビジネスモデル特許となる
2012年 福井県「新分野スタートアップ支援事業」に認定
システムのクラウド化並びに全国展開に取り組む
2013年 福井中央魚卸売市場仲卸業 福井丸魚株式会社にシステム導入
2014年8月20〜22日 第16回ジャパン・シーフードショー出展
全国に「Mohei」システムの紹介(告知)
2015年3月3日 SAKANAICHIBA.JP株式会社 設立
2015年 3月3〜6日 第40回FOODEX JAPAN2015 出展
築地市場仲卸業 築地尾辰商店 河野社長と共同展
2015年7月10日 中小企業庁 異分野連携新事業分野開拓計画(新連携事業計画)
近畿経済産業局と北陸農政局管内における共同認定
中小企業新事業活動促進法に基づく
平成27年度第1回新連携事業計画の認定
2015年8月24日 平成27年度商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業) 補助事業者の採択
有限会社松田水産がコア企業と成り、株式会社共栄データセンターと連携
「Namihei」・「Mohei」・「いくら」システムの連動と開発中
2016年 4月1日 中小企業庁 異分野連携新事業分野開拓計画(新連携事業計画)認定
2016年 6月1日 商号変更 株式会社Sakanaichiba.jp
取引先 株式会社共栄データセンター

アクセスマップ